毛がに むき方

ヘッダー

 

美味しいカニの専門店BEST3

第一位 かに本舗

かに本舗

【かに本舗のおすすめポイント】

  • 昨年、7千セットが完売した大人気商品です。
  • 料亭も御用達の大ズワイガニが最大37%OFFの価格で味わえます。
  • 8千円以上のお買い上げで送料無料になります。
    さらに、WEBでご注文いただくと代引き手数料もすべて無料になるキャンペーン実施中です。
  •  

    公式サイトを見る

第二位 浜海道

第三位 かにまみれ

浜海道

  • 送料は全国一律1200円
  • こだわりの船凍品で鮮度抜群!

公式サイトを見る

かにまみれ

  • 送料は一律1050円
  • Yahoo!売れ筋ランキング1位

公式サイトを見る

 

毛がにの上手なむき方

毛がにをむくのには、キッチンバサミを使用します。毛がにの脚や甲羅には毛やトゲがたくさんあって刺さると痛いので、不安な人は軍手をはめて作業にあたってくださいね。むき方の手順としては、まず、脚を全て切り離してから、胴体を開き、その後、個々の脚も開いていくという形になります。まず、脚は、根元にハサミを入れて、ちょん切っていけばいいです。全ての脚を切り離し終わったら、胴体の裏面を上にして置きます。すると、下の方に、ふんどしと呼ばれる三角の部分があるのが見つかると思うので、それを開いて、取ってください。そうして開いた穴に両手の親指を入れて、一方は下の甲羅を押さえ、一方は上の甲羅を引き上げるようにすると、胴体部分を開くことができます。開く際には、甲羅部分に入っているカニみそを零してしまわないよう注意してくださいね。開いたら、分かれた胴体のうち、身がつまっている方には、ガニという食べれない部分がついているので、それを切り取った上で、真ん中の凹んだ部分にハサミを入れて、半分に切ってください。また、切り離しておいた脚は、関節部分で分割して、それぞれ、膨らんでいる側の殻を切り開いていきましょう。こうして、毛がにの全ての部分を開けたなら、あとは、それぞれの部分から、身を取り出していけば完了です。

毛がにの上手なむき方関連ページ

私は毛がにが大好きですが、その毛がにとは・・・
毛がにとは北海道で取れる特産品として有名ですよね。別名オオクリカニとも呼ばれ、高級食材なので高い金額で取引されます。
毛がにの旬って、いつ?
みんなで蟹鍋をつついたり、お正月に食卓に蟹が並んだり・・といったイメージも強いですからね。蟹の中でも、小柄だけれど、味が良いというイメージなのが毛がにです。
毛がにのおいしい食べ方は
毛がには通常生のままで販売される事は稀で、いったん茹でて、毛がにの産地や大きな海鮮市場であれば茹でたてを熱々の状態で販売する事もありますが、大抵は茹でた後急速冷凍して味が落ちないようにし、冷凍状態で販売します。
毛がにレシピ焼きが一番
毛がにのレシピでは茹でたら美味しいはずです。ほとんどが冷凍されて送られてきますのでどうしても味は落ちています。それは食べてみたらよく分かりました。
毛がにの上手なさばき方を解説しているサイト
甲羅をはがし、ふんどしと呼ばれる部分をとって、みそを甲羅に戻してから足を切り離すという順序が決まっているように感じました。
おいしい毛がにの茹で方とは・・
かにというと、やはり「ごちそう」というイメージが強いです。特別なときに食べるもの、といった印象ですね。だからこそ、おいしく調理し、みんなで楽しく食べたいものです。
毛がに焼き方絶妙な味に舌鼓
毛がにはボイルするやり方もありますが焼き方さえ分かったらそれがベストです。やはりポン酢で食べるのが一番だと思います。
毛がにはカニみそが大事
色々なカニがありますが毛がにのおいしさは他のカニには言い表せない大人っぽいものです。毛がにの一番のメインは何と言ってもカニみそです。
毛がにの相場は意外と安い
私は昔から毛がにを食べてみたいと思っておりましたが、やはり蟹ということでかなりその金額も高いと思っておりましたので、中々実際には購入することが出来ませんでした。
毛がにの特徴について考える
カニにもタラバガニ、ズワイガニなどさまざまな種類がありますが、特に特徴がわかりやすいカニといえば、やはり毛がにではないでしょうか。
毛がにの上手な食べ方とは?
毛がにの上手な食べ方を説明する前に、まずその毛がには「生であるのか、茹でてあるのか」ということを見分けるのが大事になってきます。
美味しい毛がにの選び方?
美味しい毛がにの選び方、それはどんな方法なのでしょう。店頭にたくさん並んでいる毛がに、どれを選んで良いのか見当もつかないことが多いと思います。
毛がにの見分け方に関する考察とは
私たちはこの手のカニをスーパー等でよく見かけますが、どれもボイルされた状態で冷凍で売られているので、鮮度等は見分けがつかない点が多いです。